毎月50名様無料鑑定実施中!(初回の方限定)

喜んでもらおうと思ったのに

カケイちゃんは2才年上でしたが、小柄で
かわいくてちょっと控えめの女性でした。

ある時期、よくランチをしたり
お茶をしたりしてました。

カケイちゃんはおとなしくて
あまり喋らないので
いつもわたしがいろいろ話し、
カケイちゃんはニコニコしながら、
聞いてくれ、時には声を出して
笑ったりしてくれていました。

わたしも、カケイちゃんに喜んでもらおうと
一生懸命話したものです。

けれどある時カケイちゃんに
「いつも恭子ちゃんばかり喋って
わたし、話せないじゃない!」と
怒られてしまい、びっくりしました。

どうやら、カケイちゃんも話したかったのに
いつもわたしが喋っているものだから、
我慢していたようなのです。

そんなことにも気づかず、いつも、
気分の悪い思いをさせていたのかと、
「気づかなくてごめんなさい」と謝りました。

それからなんとなくすれ違うことも多くなり、
いつの間にか音信不通になりましたが
今でも、あの時怒ったカケイちゃんのことが
忘れられません。

自分が良かれと思っていることが
相手を傷つけていることってありますよね。
カケイちゃん元気ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。