毎月50名様無料鑑定実施中!(初回の方限定)

学問の大禁忌は作輟(さくてつ)なり

「学問の大禁忌は作輟(さくてつ)なり」
という言葉を思い出しました。

昔ある方に教えていただいたのです。
佐久間象山の言葉とのこと。

「作輟」とは、
やったりやらなかったりの意味。

それを学問の学びにおいて
してはならんということです。

教えていただいた時、
車編に「又」が4つある
「輟」の字が新鮮でおもしろくて
ノートにも「作輟」って書きました。

喜んで書いている私の様子をみて
「佐々木さん、作輟って
やっちゃダメなことだからね」と
笑われた記憶があります。

学問の世界だけでなく、
なんでも「やったりやらなかったり」は
よくないですね。

「全くやらない」よりは 
良いでしょうけれど。

毎日やり続けることと
やったりやらなかったりが
生み出す世界は全くの別物なのです。

あ、最近の私への戒めです。 
ファイト♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。